酒蔵探訪

【県外酒蔵探訪 - 亀田屋酒造店 (長野県松本市)-】

a0005436_19401272.jpg
松本にある酒蔵をもう1軒紹介!!実を云うと本当は違う酒蔵に出没したかったのだが 「造りが終わってしまって蔵人が誰も居ないので・・・」ということで そこの酒蔵さんには断られてしまったのである(涙)

その酒蔵さんには また造りの時にでも出没するとしよう!!・・・でその代わりと云ってはナンだが (今回)出没した酒蔵さんは・・・



a0005436_1951754.jpg
またもや電車で移動するのだが今回は松本電鉄上高地線という電車である!!どこまでも続く単線路!!
a0005436_1957713.jpg
a0005436_19572247.jpg
下車した駅は「下新(しもにい)」駅!!周りは田んぼばかりが目立ち とても長閑な雰囲気である!!
a0005436_2091436.jpg
a0005436_2095265.jpg
a0005436_2011286.jpg
線路沿いを歩いていると 少し先にお目当ての建物が見えてきた!!出没するのはあそこの蔵だ!!
a0005436_201305.jpg
a0005436_20132513.jpg
a0005436_2013395.jpg
a0005436_2015575.jpg
a0005436_20161214.jpg
【亀田酒造店】
創業は明治二年といわれています。初代亀井半十郎からかぞえて、私(竹本祐子)で6代目となります。酒造りの歴史には日本の文化、伝統といったものが色濃く反映しています。そこに育まれたものを簡単に捨て去るのはどうでしょう。長い間に育まれたものには、一朝一夕にはできない奥深いものがあります。明治18年建造の母屋を見学できるようにした意図は、建物や調度品などから、信州松本の地で生まれ育った酒造りという、いにしえからつながる文化の一端に少しでも触れていただきたいからです。

◆水へのこだわり◆
洗いから仕込まで、すべてアルプス山系の伏流水を使用しています。地下62メートルより汲み上げる水は、軟水、水温15度。酒遊館の脇に流れでている水を、大勢の方が容器に入れて持ち帰ります。水は酒造りの命です。

◆米と仕込へのこだわり◆
たとえば大吟醸について精米歩合39%の酒造好適米(山田錦、美山錦)を、アルプスの伏流水を使用し、限定吸水法による手洗いでストップウォッチ片手にていねいに仕込んでいます。低温長期もろみで、発酵後期はタンクごと雪囲いをして香りと味の巾を広げる工夫をしています。そして圧搾はできる限り吊るし採りによる自然な搾りをし、瓶詰めの際も、瓶火入れという香りを逃がさない瓶詰め方法をとっています。

◆伝統仕込へのこだわり◆
厳しい冬の寒さを利用した「寒造り」に徹して、粉飴を使用する三倍増醸や、米粉を使用した低原価の経済酒は造りません。麹のよさが発酵を左右するため、乾燥麹や全自動製麹機を使わず、麹はあくまでも倉人の手によって造ります。

◆酒質の向上をめざす◆
辛いだけの経済酒は造らない。あくまでも米の旨みを感じさせる深い味を追求して、酒質の向上をはかってきました。おかげで30年前にくらべると、平均精米歩合は15%も上がりましたが、造りの量は半分になってしまいました。それだけ手間ひまもかかり、コストもかかりますが、本物の酒造りをあくまでも追求していく方針です。
                     (蔵元HPより抜粋)
a0005436_2029729.jpg
a0005436_20294074.jpg
残念ながら こちらも蔵見学は出来なかったのだが その代わり明治十八年建造の母屋を見学させて頂いた!!
a0005436_20315611.jpg
a0005436_20321578.jpg
a0005436_20324071.jpg
a0005436_2032576.jpg
a0005436_20331397.jpg
a0005436_20341886.jpg
a0005436_20343364.jpg
a0005436_2034531.jpg
a0005436_20351070.jpg
a0005436_20352739.jpg
母家の中には歴史を感じさせられるものばかりが陳列されていた!!

a0005436_20372960.jpg
a0005436_2037462.jpg
こちらから流れ出ているのがアルプス山系の伏流水である!!
a0005436_20475988.jpg
a0005436_20482660.jpg
こちら「酒遊館」では試飲なども出来る!!・・・ん!!?「酒遊館」!!? 笹一酒造さんにも同じ名前の建物があったハズ(笑)!!
a0005436_20512598.jpg
a0005436_20514126.jpg
もちろん試飲などしてみる(笑)!! 全体的にスッキリとした味わいであるような感じだ!!本当は今回試飲の中にはなかった「亀乃世」シリーズを呑んでみたかったのだが試飲出来ずに残念であった(涙)!! 
a0005436_20552932.jpg
リキュールは甘くて美味しい(笑)!!


❖いつも応援有難う御座います❖
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://junmaikyo.exblog.jp/tb/10641777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by H at 2010-05-18 22:28 x
Takezoさん
笹の誉のほうが
こだわってるかなぁ~??
Commented by jes22salud at 2010-05-19 12:29
こんにちは!
いやーものすごく雄大な名前ですね「アルプス正宗」って。
へなちょこの記憶ですが見たこと無いですねぇ大阪で。
興味しんしんです!
綺麗なおちょこがいっぱいあるんですね、かわいいです。
Commented by 純米狂@takezo at 2010-05-19 20:47 x
❖Hさん❖
どうなんでしょうかね?
「亀乃世」を呑んでいないので
ナントも云い難い所ではありますけど・・・。
Commented by 純米狂@takezo at 2010-05-19 20:49 x
❖jes22saludさん❖
いかにも昔からあったような名前ではないでしょうかね(笑)!!
こちら山梨の方でも この銘柄は聞いた事がありませんでしたよ!!
やはり地方に行くと その先々で知り得る銘柄があり
とても嬉しくなります!!
Commented by H at 2010-05-19 22:26 x
Takezoさん
今日東京の試飲会で地酒課の課長と話したのですが!
ある程度自信がついてきたら直取りのメーカー増やして行くように言われました!!
また面白いところよろしくです!!
保坂酒店はどんなお客さんの声も大切にして行く予定ですよ!!
Commented by 純米狂@takezo at 2010-05-20 20:51 x
❖Hさん❖
そうですね!!やっぱり蔵元さんと直取引した方が
色々と良いかもしれませんね!!
その分大変かもしれませんけど・・・(笑)!!
いくつか取り扱って欲しい銘柄あるんですけど
それは また後日にでも!!
Commented by H at 2010-05-20 21:18 x
Takezoさん
リクエスト楽しみにしています!!

ぶえさんどうも南部あわないようなので今日おかーちゃんとなおみさん
と話して吉田とど辛で行くことに決めました!!
吉田おかーちゃんもなおみさんも気に入っているようなのでそれで良いかもですね!!
Commented by 純米狂@takezo at 2010-05-21 20:25 x
❖Hさん❖
あぁ~そうですか!!
確かに南部だと あの2人には合わないかもしれませんね!!
もう少し華やかというかスッキリ呑めるお酒が好みのようですから!!
Commented by H at 2010-05-21 22:23 x
Takezoさん
とにかく吉田が良く出ますね!!
今週は4本持っていきましたよぉ~!!頼りになります!!
Commented by 純米狂@takezo at 2010-05-23 16:27 x
❖Hさん❖
ほぉ~それは凄いですね!!
さすが「ぶえ」さん 呑ませ上手です(笑)!!
Commented by at 2010-05-23 18:59 x
Takezoさん
飲み上手でしょう!!(笑)
by jun-mai-kyo | 2010-05-18 20:56 | 酒蔵探訪 | Trackback | Comments(11)

山梨(甲府近辺)で「純米狂」という日本酒の会を毎月主催している 利酒師takezoです!!定例会以外の週末は ひとり呑みがライフワーク♪ あちこちそっちと お店をパトロールしとります!!


by takezo@純米狂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31