日本酒日和

【日本酒で晩酌を(藤田 千恵子氏)】

a0005436_21135213.jpg先日の山梨日日新聞に 依田酒店「銘酒を楽しむ会」で何度かお目にかかったことのある藤田千恵子氏の「日本酒で晩酌を」という記事が掲載されていました。(以下本文)

「日本酒離れ」という言葉が、逆に耳から離れないくらい、ここのところ日本酒の旗色は悪いようである。焼酎に消費量を追い抜かれたあたりから、「国酒」の先行きを懸念する声もあちらこちらから聞こえてくるが、しかし、日本酒は、本当に人気がないのだろうか。

 まず、わが身のことを語らせていただければ、日本酒とであってから二十数年、「働く女性のマンション購入ブーム」にも乗らずにひたすら日本酒を飲んできて、日本酒離れなど一度も起こしたことはない。類は友を呼ぶからだろうが、周囲を見渡してみても、家でも外でも飲むなら日本酒という熱心な飲み手ばかりだし、銘酒居酒屋の暖簾(のれん)をくぐれば、いつも活気あふれる店内を目にするばかりだ。さらに日本酒のイベントを開催すれば、「夏に燗酒(かんざけ)を飲む」などと酔狂な企画であっても、およそ三百人が詰めかけたりもする。
 
 ただし、こういった人たちは、すでに日本酒との幸運な出会いを果たしている人たちである。本当に旨いと思える日本酒と出会えた人たちは、日本酒から離れることは少なかろう。「日本酒離れ」と呼ばれる現象は、実は日本酒から離れる以前の話、本当に良質な日本酒と出会っていない人たちがまだまだ多いということではないだろうか。
 
 消費量こそ低迷を続けているものの、その品質をみていれば、この二十年ほどは日本酒の黄金期であるといってよいのではないかと私は思う。たしかに、ある一時期の日本酒は戦中戦後の米不足に由来する「三増酒」(=醸造アルコール、糖類などを添加して純米酒を三倍ほどに増量した酒)の席巻によって、「ベタベタ甘くて飲むと頭が痛くなる酒」という評価に甘んじていたこともある。だが、現在、全国各地の心ある造り手たちが醸し出す純米酒を飲んでみれば、舌にはむろんのこと、日本酒は、その酔いざめまでも優しい酒であることが身体ごと確認できる。
 
 酒のことばかりを書き連ねたが、実は本当に憂(うれ)うべきは、日本人の食卓から日本酒と相性の良い手作りの家庭料理が消え、出来合いの安易なものに食が偏っていることではないだろうか。日本酒の低迷は、日本の家庭料理の低迷を反映しているからであるように思えてならない。かつての「晩酌」の習慣は、手作りの家庭料理に合わせて、お燗をしたお酒をゆっくりと飲む、というまことに健全なものだった。
 
 日本酒と家庭料理の組み合わせの妙を再確認するためにも、この秋はぜひ、純米酒の燗酒を楽しむ、晩酌の習慣を取り戻してみていただきたい。夏の冷酒から秋の燗酒への切り替えは、九月九日の重陽の節句から、とされている(山梨日日新聞「隋想」より)

確かに良質の日本酒との出会いというのは大切ですよね。takezoも20代前半の頃は「日本酒」なんて全く呑みませんでしたし 悪いイメージばかりでした ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン。

しかし あるお店でたまたま呑んだ日本酒に衝撃を受けたのです。
(゚◇゚;)!!!それ以来 ドップリと日本酒にハマッテしまった訳で御座います~♪

やはり良い酒屋さんと居酒屋さんに巡りあうということでしょうかね。 (・・。)ん? そうかな~?
トラックバックURL : http://junmaikyo.exblog.jp/tb/2275662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 自分遺産 at 2005-10-01 00:03
タイトル : 良質な日本酒との出会い
【日本酒で晩酌を(藤田 千恵子氏)】 この記事は純米酒をこよなく愛している方のブログのものです。 新聞記事を引用して、日本酒離れの前に良質の日本酒との 出会いの大切さを語っておられます。 なんにつけ出会いとか第一印象はひきずるものですね。 父が普段飲んでる大手メーカーのパック酒でなく、 「梅錦」のいいやつを私の初日本酒として飲ませてくれたおかげで、 私は根っからの日本酒大好き人間となっています。 その後、おいしい地酒を求めて、酒屋をのぞくのも楽しみになり、 結果として、い...... more
Commented by 純米狂@takezo at 2005-09-29 18:28 x
「布教活動」というのは「住吉狂」のでしょうか?Ψ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ

まぁ それはさておき 
純米狂はこれからもガンガン美味しいお酒出品予定です~☆
また 新たなる発見があるかもしれませんよ!
期待してくださいね♪ ┌|-_☆|┘キラーン!

ということで出来る限り出席してね。。
Commented by 地酒星人 at 2005-09-30 18:20 x
おお〜、良い文章ですね〜。
うなづきながら読んでしまいました。まさにそうだと思います。
日本酒との幸運な出会いをした人間の一人として、多くの人に同じような出会いをして欲しいと思ってしまいます(そのあたりをさり気なくやるのが難しいのですが)。
日本酒の衰退は、核家族化による家庭料理の衰退とも無縁ではないでしょうね。
Commented by 純米狂@takezo at 2005-09-30 21:31 x
地酒星人さん 長い文章最後まで読んでくださり
有難う御座いました!:*:゚・☆ヾ(・_・。)了└|力"├♪

今の私たちは 美味しい日本酒に出会えたので幸せといえますね。
そんな幸せな人達をもっと多く増やしたいが為に
純米狂を開催している・・・な~んてね!(*゚.゚)ゞポリポリ
Commented by 純米狂@takezo at 2005-10-01 11:25 x
>押し付けがましいところは全くなく
「住吉」に関しては プッシュプッシュでしたが・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

そう77人!!
Commented by g-san1101 at 2005-10-01 22:00
純米狂さんへ
コメントありがとうございました。
実は4年ほど山梨で仕事をしていたので、以前からこのブログをのぞかせていただいて、なつかしく思っていました。(鳥玄行きたいなぁ)
依田酒店でお酒を買ったこともあります。
これからも楽しみにしておりますのでよろしくお願いします。
Commented by jun-mai-kyo at 2005-10-01 22:41
g-san1101さん 早速のコメント有難う御座いました。
アリガトビーム!!(ノ・_・)━━━━━━\☆(・_\)白刃取り。

そうなのですか!4年ほど山梨で仕事をされていたのですか!
でしたら 純米狂にも参加していただきたかったです。

鳥玄 依田さん o(〃^▽^〃)oあははっ♪
さすがポイントを突いてますね!!
それから 某焼き鳥屋(お○じ○)にも出没したことがあるようですね。
養老もご存知なようですし!
養老美味しいですよね☆自分も大好きです!

また 山梨にも帰ってきてくださいね!
こちらこそ宜しくお願い致します。。
Commented by g-san1101 at 2005-10-02 09:50
トラバ&コメントありがとうございます。
お○じ○にも出没してました。レバ刺しを養老でなんていいですね。
あそこにあるお酒ではマルトをよく飲んでいました。

山梨のお酒では養老と春鶯囀が好きです。
純米狂の会合も山梨にいたときに知っていたら参加してたかもしれませんね。いや関東に住んでますので機会があればと思います。
よろしくです。
Commented by 純米狂@takezo at 2005-10-02 11:40 x
g-san1101さん こんにちは!(^-^*)/コンチャ!
もともと当会純米狂は「お○じ○」から始まったのですよ!
ちょうどそのお店で1年間開催しておりました!
でも開催していたのは移転する前のNHK通りに在った頃ですので
かなり前のことになりますね!

ここ最近では「笹一」も美味しいですよ!
「木火土金水」とか東京の酒屋さんのみだけで販売している「さ々一」とか!
機会があれば 是非呑まれてみて下さいね!d(>_・ )グッ!

当会 いつでも参加してくださいなぁ~♪心待ちにしております!
by jun-mai-kyo | 2005-09-28 21:15 | 日本酒日和 | Trackback(1) | Comments(8)

山梨(甲府近辺)で「純米狂」という日本酒の会を毎月主催している 利酒師takezoです!!定例会以外の週末は ひとり呑みがライフワーク♪ あちこちそっちと お店をパトロールしとります!!


by takezo@純米狂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31