戯言

【先日の定例会で活躍した「猪目猪口」!!】

a0005436_20193124.jpg
先日開催された「第124回 純米狂の集い定例会」 その中でtakezoが使っていたお猪口がこちら 【猪目猪口】 というお猪口である!!



a0005436_20205220.jpg
a0005436_20211175.jpg
a0005436_20212394.jpg
a0005436_20213025.jpg
a0005436_20213645.jpg
この「猪目猪口」はチーム猪目猪口という方々により製作されていて 箱の落款(酒毛愛)は日置桜の前田一洋杜氏さん(書家としての名前は禮山人)が作り 猪口の側面にはアドバイザーである竹鶴酒造 石川達也杜氏さんの似顔絵(酒モアイ)が描かれているのである!!そして中を覗けばハートマークが!!

以下この「猪目猪口」に同封されていた口上書より抜粋!!
ハートマークこそ日本古由来の意匠「猪目(いのめ)」文様です。元々は「ゐの目」と記し、漢字では「威の目」と書いたらしい。日本では古来より猪(いのしし)に霊力があり、魔よけになると信じられていました。その影響から「ゐの目」、「威の目」が「猪目」と呼ばれるようになってきました。猪目文様がなぜハート型なのかは謎です。

石川杜氏の「酒造りエロス論」によると、お酒は、ただ味覚や嗅覚を満足させるだけのものではなく、心に響き、体に沁みるもの。となれば、舌先や鼻先、あるいは頭でお酒を飲んでいては、本当にお酒を味わっているとは言えません。酒造りは、お酒という命を産むエロティックな作業であり、そこには愛があります。その命を愛を味わう飲酒も、本来官能的(エロティック)な行為、つまり、自分という存在を裸にし、心と体を素に戻そうとすることのはずです。その必然的結果として、お酒は人に生きる力を与え、人と人を結ぶのだということです。


うーむ 深い!!!!!
しかし命と愛を感じつつ 伝統的な猪目文様に思いを馳せつつお酒を嗜んでいきたいものである!!


◎いつもありがとうございます◎
5月の定例会はBBQ開催予定の為お休みです!!次回は6月7日開催予定になります!!
詳しくは 純米狂HP を!!

お知らせでーす!!
Facebookで純米狂ページ作ってみますた!!
良かったらいいね押して下されー!!→ 日本酒の美学 純米狂
こちらはFBグループ → 日本酒の美学 純米狂
トラックバックURL : https://junmaikyo.exblog.jp/tb/19675693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by jun-mai-kyo | 2014-04-16 17:19 | 戯言 | Trackback | Comments(0)

山梨(甲府近辺)で「純米狂」というゆる~い日本酒の会を毎月主催している 唎酒師takezoです!!定例会以外の週末は ひとり呑みがライフワーク♪ あちこちそっちと お店をパトロールしとります!!山梨観光グルメ情報絶賛発信中!!


by takezo@純米狂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31